キム・ギュリ(キム・ミンソン)の最新ニュース

キム・ギュリ(キム・ミンソン)のプロフィール

<拡大>

キム・ギュリ(キム・ミンソン)

ドラマ、映画、バラエティー番組などで多様な活躍中。どんな役でもこなす演技派女優

SNS: TwitterInstagram

  • ・名前:キム・ギュリ(キム・ミンソン)(Kim Kyu Ri (Kim Min Sun))
  • ・ハングル表記:김규리 (김민선)
  • ・職業:タレント、女優
  • ・生年月日:1979年 8月 16日(40歳)
  • ・趣味/特技:料理、音楽、映画鑑賞/ラップ、ダンス
  • ・学歴:同徳女子大学放送芸能科
  • ・デビュー:1997年雑誌
  • ・家族:4番目(1男4女)
  • ・ニックネーム:ドッジ弾平, バンビ
  • ・血液型:AB型
  • ・干支(えと):未
  • ・星座:しし座
  • ・韓国の所属事務所:TNエンタテインメント/MBKエンターテインメント
  • ・関連リンク: 順風産婦人科 アンティーク-西洋骨董洋菓子店 美人図 プンサンケ 武神 悪賢い離婚女

キム・ギュリ(キム・ミンソン)の代表作

【ドラマ】
『順風産婦人科』(98/SBS)、『学校』(99/KBS)、『I LOVEヒョンジョン』(02/MBC)、『ガラスの靴』(02/SBS)、『天女と詐欺師』(03/SBS)、『漢江ブルース』(04/MBC)、『ヨンジェの全盛時代』(05/MBC)、『ラブホリック』(05/KBS)、『武神』(12/MBC)、『悪賢い離婚女』(14/MBC)

【映画】
『女高怪談2』(99)、『少女たちの遺言』(99)、『ローストメモリーズ』(02)、『仮面』(07)、『アンティーク-西洋骨董洋菓子店』(08/友情出演)、『美人図』(08)、『プンサンケ』(11)、『人類滅亡報告書』(12)、『愛してる!ジニョン』(13)、『ファジャン』(15)

キム・ギュリ(キム・ミンソン)の略歴

韓国女優キム・ギュリは、映画『女高怪談2』で百想芸術大賞をはじめ映画評論家賞新人女優賞を受賞し華麗なスクリーンデビューを飾り、その後も映画を通しさまざまな姿を披露し注目を浴びた。映画以外にもドラマで常に新しい演技で視聴者を釘付けにし、2004年のドラマ『漢江ブルース』ではMBC演技大賞優秀賞を受賞。演技派女優として不動の位置を築いたキム・ミンソンは、女優のみならず司会にも挑戦するなど多方面に活躍の場を広げている。2008年の映画『美人図』では朝鮮の天才画家シン・ユンボク役を演じ、過激なベッドシーンなどで話題をさらった。
2009年11月、キム・ミンソンからキム・ギュリに改名。

キム・ギュリ(キム・ミンソン)の最近活動・エピソード

・2012年9月3日、韓国ドラマ「武神」の共演がきっかけで、俳優キム・ジュヒョクと交際に発展したことを公式的に認めた。 ・2011年、韓国のバラエティー番組「Dancing with the Stars」で、抜群の社交ダンス実力を見せたが、惜しくも最終2位。その後、同番組の司会を担当することになった。 ・2008年、アメリカ産牛肉の輸入反対運動に積極的に参加。輸入牛肉の狂牛病やBSE問題を言及しながら「むしろ『青酸カリ』を口に入れる方がましだ。」と発言。この発言が輸入賛成派から問題視され、牛肉輸入業者から提訴される。最終的に彼女が勝訴したが、改名の時期とも重なり、新しい名前と青酸カリを文字って、「青酸ギュリ」と皮肉られた。


このページが役に立ったら



wowKoreaのツイッターwowKoreaのフェイスブックwowKoreaのインスタグラムwowKoreaのタンブラー
スマートフォン版 | PC版へ
会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー

Copyright(C) AISE Inc.