俳優・女優 ドラマ 映画 歌手 スポーツ選手


ナム・ジヒョンの最新LIVE
ナム・ジヒョンの最新ニュース

ナム・ジヒョンのコリトピ

ナム・ジヒョンのプロフィール

<拡大>

ナム・ジヒョン

「家族同士どうして」(14)で子役から抜け出し大人の演技者として成功を収めた演技派女優

ナム・ジヒョンの代表作

【ドラマ】
『愛してると云って』(04/MBC)、『ロビイスト』(07/SBS)、『エデンの東』(08/MBC)、『善徳女王』(09/MBC)、『ジャイアント』(10/SBS)、『ペク・ドンス』(11/SBS)、『美しいあなたへ』(12/SBS)、『エンジェルアイズ』(14/SBS)、『家族同士どうして』(14/KBS)

【映画】
『麻婆島(マパド)2』(07)、『鬼』(10)、『家族計画』(10)、『ファイ〜怪物を飲み込んだ子〜』(13)、『古山子 大東輿地図』(16)

ナム・ジヒョンの略歴

韓国女優ナム・ジヒョンは2004年、MBCドラマ「愛してると云って」に当時10歳で子役としてデビュー。その後、「ロビイスト」や「エデンの東」、「善徳女王」、「クリスマスに雪は降るの? 」、「ジャイアント」、「ペク・ドンス」、「エンジャルアイズ」など時代劇、現代ものまで多様なジャンルに出演しながら、大人の演技者にも劣らない安定した演技力を披露して視聴者から愛された。同じ年頃の俳優の中でも、優れた演技力を持ったナム・ジヒョンはその後も「次世代の期待される女優」として、映画界でも注目を集めている。


このページが役に立ったら



ワウコリアのツイッターワウコリアのフェイスブックワウコリアのインスタグラムワウコリアのタンブラー
スマートフォン版 | PC版へ
会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー

Copyright(C) AISE Inc.