俳優・女優 ドラマ 映画 歌手 スポーツ選手

イ・ビョンホンの最新ニュース

イ・ビョンホンのプロフィール

<拡大>

イ・ビョンホン

『美しき日々』でお馴染み“ビョン様”。韓国イケメン四天王

イ・ビョンホンの代表作

【ドラマ】
『アスファルト、我が故郷』(91/KBS)、『陽が昇る日』(92/KBS)、『明日は愛』(92/KBS)、『生き残った者の悲しみ』(93/KBS)、『ポリス』(94/KBS)、『恋の香り』(94/SBS)、『アスファルトの男』(95/SBS)、『美しい彼女』(97/SBS)、『白夜3・98』(98/SBS)、『Happy Together』(99/SBS)、『美しき日々』(01/SBS)、『オールイン』(03/SBS)、『IRIS-アイリス-』(09/KBS)、『外交官・黒田康作』(11/フジテレビ)

【映画】
『誰が俺を狂わせるか』(95)、『Run Away』(95)、『地上満歌』(97)、『我が心のオルガン』(99)、『JSA』(00)、『バンジージャンプする』(01)、『純愛中毒』(02)、『美しい夜、残酷な朝』(04)、『誰にでも秘密がある』(04)、『甘い人生』(05)、『夏物語』(06)、『グッド・バッド・ウィアード(良い奴、悪い奴、変な奴)』(08)、『アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン』(09)、『G.I.ジョー』(09)、『悪魔を見た』(10)、『光海:王になった男』(12)、『G.I.ジョー バック2リベンジ 』(13)、『REDリターンズ』(13)、『侠女: 刀の記憶』(15)、『内部者たち』(15)

イ・ビョンホンの略歴

テレビドラマでデビュー後、ドラマ・映画を中心に活躍。イ・ビョンホンはデビュー当時から演技力には定評があり、着実に俳優としての地位を固める。
2000年に公開された映画『JSA』は、韓国映画歴代興行収入ベスト5に入るほどの大ヒット。日本でも公開され、話題となった。

イ・ビョンホンの最近活動・エピソード

・2005年に主演し、ハリウッドのエージェントと契約するきっかけとなった「甘い人生」では、映画評論家協会賞をはじめ3つの主演男優賞を受賞。演技力に加え、作品ごとにあらゆるキャラクターを演じられることから、「千の顔を持つ俳優」と称された。 ・2006年、韓国人俳優として初めて、フランス政府から文化芸術勲章を授与される。 ・2007年、「俳優が演技に集中できる環境を提供できる事務所を」と長年連れ添ったマネジャーと独立し、ピョルナンアクターズを設立。その後「Be Happy」と自身のイニシャルからBHをとって、BHエンターテインメントと社名を変更。通常のマネージメントはもちろん、グローバルエージェント事業部門を新設し、アメリカ・日本・中国の芸能事務所やエージェントと提携し、国内外の俳優の海外での活動をサポートしている。 ・2009年には、6年ぶりとなるドラマ「アイリス」に主演。KBS演技大賞の最高賞にあたる大賞や、百想芸術大賞 テレビ部門最優秀演技賞、国会大賞特別賞など、テレビドラマ関連の賞を多数受賞した。 ・2012年6月、俳優アン・ソンギとともに、映画スターの手形で有名な米ハリウッドのチャイニーズ・シアター前広場に手形と足型を刻んだ。アジアの俳優では初めてのこと。 ・2012年8月19日、女優イ・ミンジョンと同年4月から交際していることを公表した。2013年6月5日、同年8月10日に挙式することを発表した。 ・2015年3月31日、第一子となる男の子が誕生した。 ・2017年3月24日、ハリウッドの4大エージェンシー、ユナイテッド・タレント・エージェンシーと契約したことを明らかにした。


このページが役に立ったら



ワウコリアのツイッターワウコリアのフェイスブックワウコリアのインスタグラムワウコリアのタンブラー
スマートフォン版 | PC版へ
会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー

Copyright(C) AISE Inc.